初心者講座

発色重視のグラデーション塗装

前ページでグラデーション塗装をしましたが、
今回は1ランク上のグラデーション塗装です。

プラモデルの塗料は下地の色でその発色が変わってきます。
そこで発色を重視したグラデーション塗装の実践。


パーツ写真
下地を白のサーフェイサーで吹いています。
プラモデルの塗料は下地が暗いと、その影響で発色が悪くなってしまいます。
グラデーションのように暗い色から順番に色を乗せるということは
上に乗せた色は、その暗い色に影響されちゃうんですね
そこで、発色の低下を抑えるグラデーションが必要になるわけです。
今回はこのサーフェイサーの白を生かしてグラデーションをかけます。


パーツ写真
シャドウ吹きの要領で、暗くしたい部分や端部分をニュートラルグレーで塗装します。
こうすることで、白くしたい部分はそのまま白のサーフェイサーが残ります。


パーツ写真
グレーと白の境界線上を明灰白色でボカしていきます。
なるべく、ホワイトで塗装する中心部分は下地のサーフェイサーが残るように。


パーツ写真
最後に前ページのようにホワイトを乗せて完成。
パーツ左側がそのままの状態。右側が完成した部分。

中心の白部分は下地が白か、塗料が掛かっても明灰白色が微量なので、
そのまま白を乗せても塗料本来の色を維持しやすいのです。
グレーの影響を受けるのを、なるべく周囲だけにしてしまうわけです。


パーツ写真
次は「ザク」の手足の場合です。
サーフェイサーはグレー。
下地はネービーブルーを使いました。
ここにガンダムカラーのMSグリーンでグラデーションをかけます。

ただし、このままだとMSグリーンは下地のネービーブルーの影響を受けます。
上記のグラデーション塗装方法でMSグリーン本来の色を出す方法もありますが、
発色というのは下地が白ならば良いというわけでもないのです。
そこで発色が良くなる色が必要になります。


パーツ写真
これはネービーブルーの上にオレンジでグラデーションをかけたもの。
グリーンはオレンジと相性が良く、下地をオレンジにすると発色が上がります。
白にするよりも効果が高いのです。


パーツ写真
その上にMSグリーンでグラデーションをかけます。
オレンジでグラデーションをかけた上にグラデーションを被せるので
グリーンのグラデーションも簡単になります。
ネービーブルーがオレンジで弱められるんですね。


パーツ写真
最後にMSグリーンにホワイトを混ぜて薄くしたグリーンを白塗装と同じ要領で
明るくしたい部分に乗せれば完成。
このように色というのは、微妙なことでけっこう変わってきたりします。

それぞれの色にそれぞれの特色があるので、
その特色を上手く生かせれば1ランク上の作品に仕上がります。


パーツ写真
これは色の発色例。
下地を半分を白。もう半分を黄色で塗装。


パーツ写真
それに赤を塗ってみたところです。
微妙な色の違いがわかるでしょうか?
赤の場合、下地は白よりも黄色のほうが発色がいいのです。


パーツ写真 パーツ写真
角度を変えて見たところ。
このように、色によっては下地が意外な色で発色が良くなったりします。

とはいえ、発色だけが全てというわけでもないのが塗装の難しいところ。
赤は下地が黄色のほうが発色はいいのですが、管理人の好みではないです。

実は管理人は色には2種類の属性っぽいもの?があるように感じています。
それが、 軽い色と重い色です。
これは管理人が勝手にそう思っているだけです。
ただ、なんとなくそう思えるだけなので上手く説明できません。

なるべく質感を出して塗装したい。
というのが管理人のプラモデル制作の基本的なスタンスなので、
いくら発色が良くても軽い色は嫌なのです。
そこで、軽い色は発色や本来の色は無視してでも重く見えるように塗装するようにしています。

軽い色。
グレー、赤、青、水色、茶色

重い色
緑、黄色、オレンジ、ピンク、紫、紺色

その他
黒、白
この2色は少し特殊で、光沢によって違います。
ツヤ消し、光沢で重く、半光沢で軽く感じます。

これが管理人の見える色の属性っぽいもの?です。
なぜこうなるのかは分かりません。なんとなくです。

とくにグレーは最悪で、どうやっても重く見えないです。
写真だとそうでもないのに実物だと なぜか軽く見えます。なんでだろ?
下地に使う分にはいい感じなのですけど。
まぁこれは、管理人の勝手な解釈なのであまりアテにしないでください。
人によって感性も見え方も違うと思いますし。

さて、グラデーション塗装はこれだけではありません。
まだまだ先があります。


パーツ写真
これが、質感重視のグラデーション。
別名、心の折れるグラデーション。
これなら軽くもプラっぽくも見えないと思います。
さすがに、ここまでやると初心者講座ではなくなるので省略しますが、
塗装はまだまだ奥が深いのです。
なお、この塗装に関しては管理人もまだまだ完璧ではなく
失敗確率が非常に高いです。



sitemap

  • このサイトについてっぽいなにか


  • ガンプラ
  • ガレージキット
  • その他
  • パーツギャラリー


  • ガンプラ
  • ガレージキット
  • その他


実際に使用している道具

エアブラシメンテナンス・調整

プラモデル制作・基礎

工作1・後ハメ加工

工作2・改造

塗装

その他



  • ヤフオク出品作品
  • 写真の加工など


  • 自己紹介っぽいなにか
  • パソコン設定関連


  • 初心者でも作れる!
    簡単ホームページ講座


  • 見本


  • ログインはこちらから


  • 制作依頼について




表紙  作品紹介  制作記   初心者講座   オークション  プロフィール  その他   メール   ログイン  制作依頼
copyright(c)All right reserved.



inserted by FC2 system